医療法人スワン カイバナ眼科クリニック

三重県松阪市の 眼科 カイバナ眼科クリニック

〒515-0033 三重県松阪市カイバナ町1638エルム通り
TEL 0598-21-5222

 

医師募集

看護師募集

スタッフ募集

コンタクトレンズ

白内障

緑内障

黄斑変性

涙道(涙の通り道)外来

オルソケラトロジー治療

近視抑制治療

眼瞼下垂症

ボトックス

ヒアルロン酸注射



 
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。
トップページ»  しみ治療

しみ治療について

しみ治療

しみの種類

◆しみと呼ばれるものにはさまざまなタイプがあります。
しみにはしみの種類に合わせた治療法が必要です。

当院では専門医によるカウンセリングを実施しております。

1.老人性色素斑(丸いシミ)
おもに紫外線が原因のしみです。
メラニンの排出が滞ることで、紫外線を浴びやすい露出部分に多く現れます。
2.雀卵斑(そばかす)
鼻の周りを中心に左右対称生じる小さい色素斑です。
学童期・遺伝的に発生することが多いです。
3.色素沈着
ニキビや火傷、擦り傷や化粧品によるかぶれなどの炎症が治った後にお肌に残る褐色のしみのことです。
4.ADM(後天性メラノサイトーシス)
成人になってから頬や額の両側にあらわれるアザの一種です。
他の複数のしみと混在していることが多い為、判別は難しいですが、グレーや青みがかったアザの色が特徴です。
5.肝斑(かんぱん)
頬骨にそって左右対称にあらわれる地図のような形をしたしみです。
30~40代の女性に多くみられ、女性ホルモンのバランスが影響していると言われています。

 

しみの治療方法

Qスイッチルビーレーザーによる治療
皮膚内部のメラニン色素(しみなど)だけを壊すことで治療可能な医療機器専門のレーザーです。そのため、傷跡を残さず、周りの組織を傷つけずに治療することができます。
※注意※
肝斑は、ルビーレーザーを使用することにより余計に濃くなってしまうため、治療の対象外となります。

 

注射を受けるにあたって

本治療は薬剤を使用した治療ですので、お肌の敏感な方、妊娠中・授乳中の方、皮膚の炎症のある方などには一部おすすめできない場合がございます。