近視の進行を抑える目薬Atropine

当院では、低濃度アトロピン点眼薬というお薬を一日一回点眼することによって、近視の進行を抑制する治療を行っております。寝る前に点眼するだけで、お子様の近視の進行を抑制します

低濃度アトロピン点眼薬

低濃度アトロピン点眼薬

アトロピン配合点眼薬には、眼軸が伸びるのを抑制する効果があるといわれ、近視の進行を遅らせることが統計的にも臨床的にも報告されています。
アトロピン1%点眼薬には、まぶしくなったり、読み書きがしづらくなったりなどの不快感や副作用がありますが、低濃度(0.01%)のアトロピン点眼薬は、この副作用がほぼなく、近視の進行抑制効果は60%程度あるとの結果が出ました。
※本治療は近視の進行を抑制するものであり、現在の近視がなくなったり、近視が全く進行しないわけではありません。

近視の進行を抑制する 対象は6歳〜15歳 1日1回寝る前に点眼 副作用ほとんどなし 3ヶ月毎の検診で治療を評価 治療は2年が目安
アトロピン点眼による近視抑制効果のグラフ

アトロピン点眼による近視抑制効果

近視の進行を平均60%軽減させる良好な点眼薬。治療開始から6ヶ月経過後から、近視の進行程度に差が生じています。低濃度アトロピン点眼治療は長期継続によって効果が発現すると考えられます。

  • 治療期間の目安は2年程度

    近視の進行のリスクがある成長期を超えるまではできるだけ継続した方がよいです。

  • 視力は回復するの?

    基本的に近視進行予防のための治療であり、視力回復の効果はありません。

  • 副作用はありますか?

    点眼直後は瞳孔が広がり、まぶしさを訴えることがありますが寝る前に点眼することで翌朝には元に戻ります。

  • オルソケラトロジーとの併用は可能?

    オルソケラトロジーとの併用は、相乗効果が望めるので可能です。