眼内レンズの選択INTRAOCULAR LENS

単焦点眼内レンズMonofocal

単焦点レンズ

単焦点眼内レンズの特徴

  • ピントが合う距離が1つ
  • 見える範囲が狭い。ピントの合いやすい範囲が限定される
  • 見える質は良い。ピントを合わせた部分はくっきりと見えやすい

単焦点眼内レンズはピントの合う距離が1つです。
運転をしたりテレビを見たりと、日常生活では遠くを見るシーンが多くあります。そのため、ほとんどの方が眼内レンズの焦点を「遠く」に合わせます。
その場合、本を読んだり物を書いたりする「近く」を見るシーンに関しては、術後に老眼鏡を使用してお過ごしいただくことになります。※術後の見え方には個人差があります。

単焦点眼内レンズは健康保険の適応となるため、健康保険の負担割合によって手術費用が異なります(3割負担の方は片眼約6万円・1割負担の方は約2万円)。

手術費用について詳しく見る

単焦点眼内レンズが適している方

  • 眼鏡をかけることが嫌ではない方
  • 夜間の車の運転が多い方
  • 緑内障など、他の目の病気を併発している方

多焦点眼内レンズMultifocal

多焦点レンズの特徴

多焦点眼内レンズの特徴

  • ピントが合う距離が複数
  • 見える範囲は広い手元から遠くまで広い範囲が見える
  • 見える質はおおむね良いピントが少し甘くなる

多焦点眼内レンズはピントの合う距離が複数あります。
外から目に入ってきた光を振り分けることによって、「遠く」にも「近く」にも焦点が合いやすくなる眼内レンズです。
焦点を分散させていることで全体的にピントが甘くなる傾向はありますが、ある程度の老眼も治すことができるため、眼鏡をなるべくかけたくないという方におすすめです。

焦点眼内レンズは、健康保険の適応ではないため、「多焦点眼内レンズを用いた白内障手術(水晶体再建術)」にかかる費用は自己負担となります。

手術費用について詳しく見る

ただし、民間の生命保険の先進医療特約に加入されている方で、厚生労働省で認可をうけた「先進医療認定施設」で手術をする場合には保険給付の対象となります。詳しくはご加入の保険会社様にお問い合わせください。

多焦点眼内レンズが適している方

  • 眼鏡をなるべくかけたくない方
  • 夜間の車の運転をあまりしない方
  • 白内障以外の目の病気がない方
  • 老眼でお困りの方

眼内レンズの比較Comparison

眼内レンズの比較