白内障CATARACTS

白内障とは、水晶体が濁る病気です。About Cataract

白内障について

水晶体が濁ることで、光がうまく通過できなくなったり、
光が乱反射して網膜に鮮明な像が浮かべなくなったりして視力が低下します。

主な症状

白内障の治療Treatment

01 眼球の切開

眼球の切開

麻酔は点眼麻酔で痛みが無く安全です。

02 濁った水晶体を取り出す

眼球の切開

濁った水晶体を砕いて超音波で砕き吸引。

03 眼内レンズの挿入

眼球の切開

眼内レンズを挿入。傷口は縫う必要はありません。

先進医療の白内障手術 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

カイバナ眼科クリニックでは、平成 24 年 11 月(三重県 で 2 番目)、白内障手術における多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術の先進医療取り扱い施設に認定されました。 従来の白内障手術で使用されている単焦点眼内レンズに比べ、多焦点眼内レンズは手元から遠くまでおおむねピントが合うため、メガネに依存する頻度を減らすことができます。

白内障の主な治療としては無痛で安全な日帰り白内障手術です。麻酔は目薬をさす要領と同じ点眼麻酔なので注射をしないため、痛みが少なく安全です。 白内障手術をご検討されている方、お問い合わせください。

多焦点レンズの見え方

多焦点レンズの見え方

手元から遠くまでおおむねピントが合うため、メガネに依存する頻度を減らすことができます。

単焦点レンズの見え方

多焦点レンズの見え方

従来の白内障手術で使用されている単焦点眼内レンズは、ある一定の距離のみがよく見えるため、必要に応じてメガネが必要となります。

ご予約やご相談などは、お電話またはメールからお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる