涙の治療TEAR

涙のしくみStructure

涙のしくみ

涙は目尻側にある主涙腺(しゅるいせん)というところでつくられ、目が乾かないように守っています。
そのほかにも、まぶたの動きをよくしたり、目の表面への栄養補給、細菌や紫外線から目を守るなどの役割があります。
涙はホコリなどと一緒に上下涙点から鼻腔に流れていきます。
涙の通り道を涙道(るいどう)といい、涙道は排水溝の役割をしています。

動画はこちら

涙道閉塞症についてLacrimal duct obstruction

涙道閉塞症とは

涙は上まぶたの耳側にある涙腺(るいせん)から分泌され、眼表面をうるおした後に目頭にある涙点(るいてん)から涙小管(るいしょうかん)、涙嚢(るいのう)、鼻涙管(びるいかん)を経て鼻腔に排泄されます。涙道閉塞症とはこの涙の排出がうまくいかない病気で、目がうるむ感じや涙があふれ出る症状(流涙症)が出ます。


涙道閉塞症の症状

涙が吸収されずにあふれ出しますので、常に涙っぽい感じや、泣いてもいないのに涙があふれてきたりします。涙が停滞することにより目やにが増えることもあります。涙嚢内で感染が生じると涙嚢炎(るいのうえん)といって目がしらの所が赤く腫れてしまうこともあります。



涙道外来についてAbout Lacrimal

涙道外来では、涙道の状態(狭窄・閉塞部の有無)を調べるために、通水検査(涙道に水を流して、鼻腔まで流れ出るかを検査)をします。


検査方法Inspection


治療方法Treatment

シリコンチューブ挿入術

シリコンチューブ挿入術

涙道内の閉塞・狭窄部を内視鏡で確認し洗浄後シリコンチューブを挿入します。局部麻酔で行えるため、日帰りで治療できます。挿入したシリコンチューブは外からほとんど見えないため、日常生活も問題なく過ごしていただけます。当日の車の運転も可能です


高橋 研一

涙道診察・手術高橋 研一Kenichi Takahashi

略歴
岐阜大学医学部附属病院眼科
岐阜県立岐阜病院眼科
順天堂大学医学部附属順天堂眼科
順天堂東京江東高齢者医療センター眼科助教
順天堂大学医学部附属静岡病院眼科助教
医療法人 高橋眼科 院長
所属学会・認定医など
日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本緑内障学会
日本網膜硝子体学会
日本涙道・涙液学会

ご予約やご相談などは、お電話またはメールからお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる