白内障CATARACTS

白内障とは、
水晶体が濁る病気ですAbout Cataract

白内障は加齢とともに白く濁っていく病気というで、どなたでも発症します。
手術で治癒させることが可能ですが、進行すると手術に時間がかかったり
場合によっては、手術でも治せなくなります。
早期発見のためにも少しでもおかしいなと思ったら目の検査を受けることが大切です。

最近こんな症状はありませんか?

かすんで見える 視力が下がる
濁ったレンズを通して見る事になるのでかすんで見えます。白内障の一番定番の症状です。
まぶしく見える
晴れた日の屋外がとてもまぶしく感じたり、車の対向車のライトがまぶしく感じたりします。
手元が見やすくなる
水晶体が濁りながら膨らむ関係で一時的に近くが見やすくなる場合もあります。
眼鏡が合わなくなる
水晶体が変形する関係で眼鏡が合わなくなる場合もあります。

白内障は多くの場合はゆっくり少しづつ進行するので、症状に気づきにくいこともあります。50歳になったら一度検診を受けることをお勧めします。

白内障はどんな病気?

白内障の仕組み

眼は水晶体で光を屈折させ、眼の奥にある「網膜」というカメラでいうフィルムに像を映します。そして網膜に映った像を「視神経」という神経の束を通って脳に送ります。このようにして物を見ています。

白内障とはどこの部分の病気かというと「水晶体」、つまりカメラでいうレンズの問題です。白内障の水晶体はレンズをハァーっと息をかけて曇っているのと同じなのです。これだと光がしっかり奥に届かず見辛くなり、眼が疲れるというような症状が起きるのです。

白内障の見え方

白内障の見え方

このように、白内障の見え方は、すりガラスを通して物を見ているような感じです。
しかし、白内障は徐々に進行するのでご自分で変化に気づきにくく実際に視力を測ってみると、「あれ?見えてないな」と思われる方がたくさんいらっしゃいます。

白内障は誰でも発症する病気です

年齢による白内障有病率

だいたい白内障は50代頃から始まり、60代で約60%、70代で約80%の方には白内障があると言われています。
白内障とは白髪のような物で、人によって早い遅いはありますが特別な病気ではありません。長生きすれば誰もがなる病気です。

徐々に進むので見辛くなっていることに気づかないまま進行します。今まで眼は良かったので眼科には縁がなかったが、免許更新などの機会で気づいて検査を受ける患者様が多くいらっしゃいます。

では、実際に白内障と診断されたらどうしたらいいのでしょう?

白内障の治療Treatment

少し話は変わりますが、水晶体の成分はおよそ2/3がタンパク質、1/3は水で出来ています。実は卵の白身に成分が近いのです。

はじめは生卵のように透明で柔らかく、卵に弱く火を入れた時のように少しずつ白くなりながら固まっていきます。水晶体が濁っていく、白内障になっていくのはこのようなものだと思ってください。

お薬による治療

お薬による治療はあくまでも白内障の進行を遅らせる治療で、白くなった卵が透明に戻らないのと同じように、現段階より良くすることはできません。一生懸命点眼をしても少しずつ進んでいきます。

見やすくする方法は手術しかありません。

手術による治療

「目の手術」と聞くと嫌だな、恐いなと思われるかもしれません。しかし、現在の当院での白内障手術は「目の手術」とイメージする恐いものよりも、随分楽に感じてもらえると思います。

白内障手術について詳しく見る

まずは診察を

白内障は誰もがなる病気で、治す方法は手術だけです。当院は日帰り手術を行なっておりますので手術時間は約5分〜7分程度(個人差があります)で終了します。
進行する前におかしいなと思ったら、まずは診察をお受けください。

ご予約やご相談など、お電話またはメールから
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる