3焦点眼内レンズTRIFOCAL LENS

 

 

 

 

3焦点眼内レンズについてAbout Trifocal Intraocular Lens

白内障手術での3焦点眼内レンズの選択

白内障手術は、眼内レンズ(人工水晶体)の種類によって術後の見え方が異なります。

従来の多焦点眼内レンズは、遠方と近方(もしくは遠方と中間)の2焦点であるため、中間部の視力がやや出にくい(もしくは近方が見づらい)という弱点が存在していました。
しかし、3焦点眼内レンズは手元から遠くまでおおむねピントが合うため、眼鏡に依存する頻度を減らすことができるようになりました。

3焦点眼内レンズの手術費用についてCost

選定療養制度をご利用いただけます。

選定療養とは、追加費用を負担することで、保険適用外の治療を保険適用の治療と合わせて受けることができる医療サービスです。

当院は、多焦点眼内レンズの白内障手術を行う医療機関として選定療養の対象です。
多焦点眼内レンズの対象となる患者様には診察時に詳細をご説明致します。

保険診療と選定療養の費用比較

選定療養比較
スマートフォンをお使いの方は、画像を右にスクロールしてご覧ください。

選定療養での多焦点眼内レンズを用いた
白内障手術
(多焦点眼内レンズ)

片眼 両眼
三焦点眼内レンズ 270,000円 540,000円
上記料金とは別に手術代がかかります。

3焦点眼内レンズの見え方についてHow You See with Trifocal Intraocular Lens

レンズの種類について

人間の水晶体は、厚さをかえることで見るものに焦点を合わせています。それに比べ、眼内レンズはあらかじめ設定した距離に焦点が合うしくみになっており、合わせる焦点の数によって分類できます。

単焦点レンズ

単焦点レンズ

ある1点の距離に焦点を合わせた眼内レンズです。

2焦点レンズ

2焦点レンズ

ある2点の距離に焦点を合わせた眼内レンズです。

3焦点レンズ

3焦点レンズ

ある3点の距離に焦点を合わせた眼内レンズです。

※焦点が合っているところでも、場合によっては眼鏡が必要なことがあります。

3焦点眼内レンズについてAbout Trifocal Interocular Lens

以下の図は、3焦点レンズ、2焦点レンズ(遠近)、2焦点レンズ(遠中)の3種類のレンズの見え方の比較画像です。

多焦点眼内レンズの見え方のイメージ

多焦点眼内レンズの見え方のイメージ
スマートフォンをお使いの方は、画像を右にスクロールしてご覧ください。

【各レンズの特徴】

・遠方はどのレンズもほぼ同等の見え方です。
・2焦点(遠近)は40cm付近の手元視力はよく見えますが、中間視力(80cm、60cm)の見え方が弱い傾向があります。
・2焦点(遠中)は80cm付近の中間視力の改善はみられますが、手元がかなり弱く手元用眼鏡が必要となります。
3焦点は、手元視力に加え、PC作業でよく使う60cm付近の見え方が改善されています。

上記より、上記の特徴から、3焦点レンズを使用した場合には、眼鏡の使用頻度を減らすことが期待できます。

単焦点レンズ

リビング単焦点レンズの見え方
バス停単焦点レンズの見え方

左の図では手元のスマートフォンと机の上のパソコンを見るために、右の図ではスマートフォンとバス停を見るためには眼鏡が必要です。(遠くに焦点を合わせた場合)

2焦点レンズ(遠近)

リビング2焦点レンズの見え方
バス停2焦点レンズの見え方

左の図では机の上のパソコンを見るために、右の図ではバス停を見るためには眼鏡が必要です。(遠くと近くに焦点を合わせた場合)

3焦点レンズ

リビング3焦点レンズの見え方
バス停3焦点レンズの見え方

左の図では手元のスマートフォンと奥のテレビ、机の上のパソコン全てに、右の図では手元のスマートフォンと遠くの駅名、バス停全てに焦点が合うため、眼鏡を使わずに見ることができます。

※焦点が合っているところでも、場合によっては眼鏡が必要なことがあります。
※写真はシミュレーションイメージです。術後の見え方には個人差があります。
※多焦点レンズは、2つ、もしくは3つの焦点距離にあるものを同時にクリアに見られますが、焦点距離のものであっても、多焦点レンズほどクリアな視界は得られません。また、強い光を眩しく感じることがあります。

白内障手術をご検討中ですか?Cataract surgery

白内障手術を終えた後は、眼内レンズの選択によって以前の見え方とは大きく変化することがあります。 術前に医師と相談し、術後の見え方のイメージを医師としっかり共有することが重要です。

3焦点眼内レンズはこんな方におすすめ

  • 眼鏡をなるべくかけたくない方
  • PC作業でよく使う60cm付近をよく見えるようにしたい方
  • 老眼でお困りの方
  • 夜間の車の運転をあまりしない方
  • 白内障以外の目の病気がない方

多焦点眼内レンズに向いておられない方

  • 白内障以外の眼疾患のある方
  • 角膜不正乱視のある方
  • 見え方にこだわりが強い神経質な方

取扱製品

日本アルコン社
PanOptix(パンオプティクス)

国内では初となる3焦点対応の眼内レンズで遠方、中間距離、近方に対応しており、またその構造からハロ・グレアの抑制、乱視が強い方にも対応することができます。

日本アルコン社 PanOptix(パンオプティクス)

ご予約やご相談など、お電話またはメールから
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる