黄斑変性MACULAR DEGENERATION

黄斑変性は黄斑部が障害されて
視力が低下する病気です。About Maucular Degeneration

黄斑変性について

加齢黄斑変性は年を重ねると発症する可能性があり、中心のもっとも見たいところが見えにくくなる病気です。

黄斑変性の原因

網膜の中心部である黄斑部がいたむことで、脈絡膜(みゃくらくまく)という眼球を包む膜から新たに発生する新生血管(しんせいけっかん)と呼ばれる血管が原因で起こります。 この新生血管はもろく弱いため、破れて出血したり、血中の成分がもれ出し、黄斑が腫れ、ものが見えにくくなります。

加齢黄斑変性の見え方Appearance

正常

正常

変視症

変視症

見たい部分がゆがんで見えます。

中心暗転

中心暗転

見たい部分が暗くなって見えます。

視力低下

視力低下

見たい部分がぼやけて見えます。


加齢黄斑変性の種類Type

脈絡膜(みゃくらくまく)から発生する新生血管(しんせいけっかん)があるかないかで「滲出型(しんしゅつがた)」と「萎縮型」に分類されます。

  • 滲出型加齢黄斑変性

    脈絡膜新生血管が発生し、網膜にむくみや出血を起こし、急激に視力が低下します。早期から症状が出ます。失明する場合の大半がこのタイプです。

  • 萎縮型加齢黄斑変性

    網膜の細胞が加齢によって変性し、老廃物がたまることで栄養不足になるため、少しづつ萎縮していきます。進行が遅く、ゆっくりと視力が低下するため、気が付かない人もいます。


加齢黄斑変性の検査Inspection

眼底検査

眼底検査

眼底検査では網膜の状態(特に黄斑)を見ます。出血や網膜がむくんでいないか、新生血管がないかを調べます。

蛍光眼底造影

蛍光眼底造影

眼底検査だけでは新生血管の位置、大きさを確定できませんので、診断を確定し治療方針を決めるために蛍光眼底造影を行います。
造影剤を腕の静脈から注射し、造影剤が血液中を流れて新生血管に入ったときに写真を撮り、新生血管の位置や大きさを調べます。

網膜断層検査

網膜断層検査

蛍光眼底造影と違い造影剤を使わずに網膜の断面の状態を詳しく検査します。
眼底に弱い赤外線を当てて反射してきた波を解析し、眼底組織の断面の状態を詳しく調べることができます。

アムスラーチャート

アムスラーチャート

格子状の表(アムスラーチャート)を30cm以上離れてメガネをかけたまま必ずチェックします。
見たい部分不鮮明に見えたり、ゆがんで見えたり、黒くなって見える場合はお早めにご相談ください。

アムスラーチャートでチェックする

加齢黄斑変性の治療法Treatment

加齢黄斑変性と診断された場合は下記のような治療法があります。

抗VEGF療法(硝子体内注射)

抗血管新生治療

加齢黄斑変性の原因となっている新生血管の働きを抑える薬を目の中に注射することで、黄斑部網膜のむくみや出血を減少させる治療方法です。

抗血管新生治療

目の中に注射というと怖いと思われるかもしれませんが、点眼による麻酔を行いますので痛みはほとんど感じません。
処置は数分で終了しますが、当日の入浴・洗顔・飲酒・運転はお控えください。
月1回3ヶ月間検査・注射を行います。その後は定期的に検査を行い必要に応じて注射をします。

光線力学的療法(PDT)

光線力学的療法(PDT)

光線力学的療法は、腕の血管から光感受性物質という薬を注射し、新生血管に入ったときに、特殊なレーザー光線をあてる治療法です。
視力維持が目的の治療法で、3ヵ月に1度蛍光眼底造影を検査し、新生血管が固まるまでくり返し治療を行います。

レーザー光凝固

レーザー光凝固

中心窩(ちゅうしんか)から離れた場所に活動性の高い新生血管がある場合は、レーザー光線の熱で焼きつぶしてします。新生血管がなくなるので、出血や血液中の水分が漏れ出たりしなくなります。
レーザー光線で新生血管を焼きつぶす際に、周りの正常組織も焼きつぶれてしまうので、レーザー光線を当てた部分は見えない所ができます。
完全に視力が回復することはなく、治療の目的は視力維持です。また、光凝固後1年間は新生血管が再発しやすいので、注意が必要です。

2018年の手術症例数

硝子体手術
64件

ご予約やご相談など、お電話またはメールから
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる