眼瞼下垂PTOSIS

 

 

 

 

こんな症状ありませんか?Self check

  • まぶたが重く、目が開けにくい
  • まぶたを持ち上げると見やすい
  • 眉毛の位置が上がり、額のしわが目立つようになった
  • 二重の幅が広くなった
  • 上まぶたが窪んだ
  • 頭痛、肩こり・首こりがひどい
  • 目をよく擦る
  • 自然とあごを上げて見ている
  • 周囲から「眠たいの?」と言われる
  • ハードコンタクトレンズを長年使用している
  • 一つでも該当する方は、眼瞼下垂の可能性があります。

眼瞼下垂とは?About ptosis

上まぶたが垂れ下がり、目を見開いても黒目に被さる状態を言います。

例えると、車のフロントガラスに布が被さっている状態です。布が被さっていては前が見えないので、被さっている布をのける必要があります。

眼瞼下垂ではない見え方

眼瞼下垂ではない見え方

眼瞼下垂の見え方

眼瞼下垂の見え方

上まぶたが黒目に被さると、どの程度影響するのか具体的に見ていきましょう。

評価はMRD1(黒目の中央と上まぶたの縁の距離)によって行います。

MRD1の説明図

①3.5mm以下 軽度の眼瞼下垂

軽度の眼瞼下垂
症状 まぶたが重く感じる
外見上の変化 二重の幅が広くなる

②2mm以下 中等度の眼瞼下垂

中等度の眼瞼下垂
症状 31%の上方視野欠損
眉毛を上げて目を開くようになり頭痛を伴う
外見上の変化 眉毛の位置が高くなり額のしわが目立つ

③1mm以下 重度の眼瞼下垂

重度の眼瞼下垂
症状 40%の上方視野欠損
あごを上げて物を見るようになり肩こり、首こりを伴う
外見上の変化 目の上が窪む

④0mm 重度の眼瞼下垂

重度の眼瞼下垂
症状 64%の上方視野欠損
テープで上げないとほとんど見えない

眼瞼下垂の原因とは?Cause

先天性

生まれつき瞼を持ち上げる筋肉の力が弱いもの

後天性

①腱膜性眼瞼下垂

瞼を持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)と瞼の固い部分(瞼板)をつないでいる部分(挙筋腱膜)がゆるんでいる、あるいは外れているため力が伝わらないもの

眼瞼構造

原因

  • 加齢によるもの
  • ハードコンタクトレンズの長期装用
  • 目をよく擦る(花粉症など)
  • 内眼手術後

②皮膚弛緩性眼瞼下垂

皮膚のたるみによるもの

老人性眼瞼下垂

原因

  • 加齢によるもの

③重症筋無力症


④動眼神経麻痺


等が挙げられるが、原因の多くは①と②である。


眼瞼下垂の治療は?Treatment

眼瞼下垂の治療は健康保険の適応となります。
当院では日帰り手術となり、術後眼帯なしでお帰りいただけます。
当日お車の運転も可能です。
お住まいによっては自宅までの送迎も可能です。

2019年の眼瞼下垂手術の件数:463眼

術式について

切らないもの

タッキング法

まぶたの裏側の筋肉を糸で縫い合わせる
目がひとまわり大きくなる

タッキング法は、瞼の裏側からゆるんだ筋肉を糸で短縮することで、瞼の開きを改善させる手術法です。
手術の結果、二重瞼になります。
皮膚切除を行わないため、皮膚のたるみは残りますが、術後発生する患部の腫れ・内出血の早期回復が望めます。

手術時間 片眼約10分
手術費用 (1割負担)片眼 6,070円
(3割負担)片眼 18,210円
術後の腫れ・内出血 個人差はあるがおよそ1〜2週間
仕上がりまで 個人差はあるが1ヵ月

切るもの

眉毛下切開法

眉毛の下を切開する
眉毛の下に一本の線状の跡が残る

眉毛下切開法は、加齢によって生じた皮膚のたるみを取ることで、瞼の開きを改善させる手術法です。
挙筋機能に問題はなく、主に皮膚のたるみが原因の方に適しています。
術後10日ほど経過を見て、抜糸します。
縫合したところに線状の傷跡が残りますが、時間とともに目立たなくなります。

手術時間 片眼約30分
手術費用 (1割負担)片眼 6,070円
(3割負担)片眼 18,210円
術後の腫れ・内出血 個人差あるがおよそ2〜3週間
仕上がりまで 個人差はあるが3ヵ月

挙筋前転法

上まぶたを切開する
約1週間で抜糸する

挙筋前転法は、ゆるんでいる、あるいは外れている腱膜を瞼が上がるように瞼板に固定し、瞼の開きを改善させる手術法です。同時に皮膚のたるみも取ることができます。
手術の結果、二重瞼になります。
挙筋機能に問題があり、さらに皮膚のたるみも伴う方に適しています。
術後10日ほど経過を見て、抜糸します。
縫合したところに線状の傷跡が残りますが、時間とともに目立たなくなります。

手術時間 片眼約35分
手術費用 (1割負担)片眼 7,200円
(3割負担)片眼 21,600円
術後の腫れ・内出血 個人差あるがおよそ2〜3週間
仕上がりまで 個人差はあるが3ヵ月

眼瞼下垂手術までの流れFlow

  • step 1検査・診断

    外来受診し検査を受けていただき、診断します。
    診断後、専門医の診察日をご案内します。

  • step 2診察・相談

    専門医の診察を受けていただき、適応であれば、日程の相談を行います。
    手術のご予約をいただいた場合は既往歴の確認と感染症の有無を調べるため採血をします。

  • step 3術前のご説明

    手術の約一週間前にお電話にて詳細(来院時間、持参物等)をお知らせします。

  • step 4手術日


よくあるご質問Q & A

  • 痛みはありますか?

    麻酔の注射をする時に痛みはありますが、術中は痛むことはありません。


  • 手術のやり直しはできますか?

    左右差が生じたり、低矯正で眼瞼下垂が改善されていない場合、再手術は可能です。


  • 元に戻ることはあるか?

    切らないものは糸が外れることで戻るリスクはあります。


  • コンタクトレンズはいつから使用できますか?

    ソフトコンタクトレンズは術後3日目から、ハードコンタクトレンズは術後7日目から使用可能です。


  • 術後の生活で制限はありますか?

    当日は入浴を控えていただきます。


  • メイクはいつからできますか?

    切らないものは目の周りのみ3日後から、切るものは抜糸の3日後からとなります。


ご予約やご相談など、お電話またはメールから
お気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

0598-21-5222

メールでのお問い合わせ

問い合わせる

 

 

 

 

ポケドクナンバー:10705665